検索結果0件

川崎身代り不動尊(大明王院)

厄除・交通安全祈願の身代り不動として多くの参拝客で賑う「川崎身代り不動尊」。元禄年間、武蔵の国荏原郡に悪疫が流行した際、諸国を行脚していた祐天上人が不動尊を尊信するよう教え、土地の人々がこれを信仰したところ悪疫が去ったことに由来するという。明治維新の時、排仏棄釈に会い一時民家に移されたが、開山喜衆聖人により、1904(明治37)年に開眼法要をなして現在の場所に安置された。


注目のエリア

注目の路線